将棋 初手から4手まで分析

  盤反転   拡大縮小






9 8 7 6 5 4 3 2 1





 
           
 
               
               
                 
 
             
図は76歩34歩75歩 > 42玉までの局面。

解説(指した人が居飛車なのか振り飛車なのかに分けて1手ごとに解説します。)

初手76歩について。
(居飛車)私は居飛車ですが、矢倉や角交換などで戦いたいので角道を開けます。または、居飛車であることを初手の段階では内緒にします。
(振り飛車)私は振り飛車なので、飛車の前の歩は突きません。角道を開けます。

第2手34歩について。
(居飛車)先手の方は居飛車か振り飛車か、まだわかりませんね。先手が居飛車なら矢倉または角交換なども考えられます。私としてはそれらを拒否し横歩取り(横歩取らせ)または後手番一手損角換わりに誘導したいと思いますので、角道を開けることとします。また、私が居飛車ということはまだ内緒ですね。
(振り飛車)先手の方は居飛車か振り飛車か、まだわかりませんね。私は振り飛車なので8筋の歩は突きません。角道を開けます。

第3手75歩について。
(振り飛車)角道を開けた歩をもう1度進めます。角道が通るように開けたドアを相手にぶつけていきます。相手は74歩としづらくなり、81にいる桂馬の活用が難しくなります。この手に代えて3手目▲56歩とすると、後手から角交換されて57に角を打ち込まれることが考えられます。また、この手に代えて3手目▲78飛と先に飛車を振ると、後手から角交換されて、△45角と打ち込まれることが考えられます。歩を2つついてあればこの76に角を打って受けることが可能になります。

第4手42玉について。
(居飛車)相手の5手目78飛をけん制します。先手の角打ちにより43の歩を狙われるのを、あらかじめ受けておきます。相手は石田流ですね。

解説(初手から76歩34歩75歩 > 42玉まで進んだ局面の解説)

先手・石田流(4手目42玉)
 4手目の△42王は先手の早石田・5手目78飛車を防ぐ意味合いがあります。持久戦になることが考えられます。
 5手目は▲66歩とするのが一般的とされています。いきなりの角交換を回避します。
 5手目に▲78飛とすると、△88角成、▲同銀、△45角打が成立します。△45角打により、27と67のどちらか一方は受かりません。その次の先手からの▲76角打を検討しますと、43の歩が他の駒で守られていない場合には、逆襲の角打ちとして有効なこともありますが、今回は4手目に指した42王で43の地点を受けています。なので、先手の76角は、67を受ける効き目しかありません。

リンク集(この序盤に関する、googleの棋書立ち読みなどの将棋情報です。)
Google book 早分かり石田流定跡ガイド 第2章 4二玉早上がり型(著者: 所司和晴)
Google book ひと目の石田流 第2章 5三銀型持久戦(著者: 長岡裕也)
Google book よくわかる石田流(著者: 高崎 一生)
Google book 石田流破り 左美濃徹底ガイド(著者: 八代 弥)
Google book 佐藤康光の石田流破り(第4章 飛車先保留型)
Google book 新手年鑑2015(将棋世界2016年6月号別冊付録)



戻る