将棋 初手から4手まで分析

  盤反転   拡大縮小






9 8 7 6 5 4 3 2 1





             
   
             
                 
             
   
             
図は26歩34歩76歩 > 44歩までの局面。

解説(指した人が居飛車なのか振り飛車なのかに分けて1手ごとに解説します。)

初手26歩について。
(居飛車)私は居飛車なので、飛車先の歩を突きます。居飛車を宣言します。

第2手34歩について。
(居飛車)先手の方は居飛車ですね。横歩取り(横歩取らせ)、または、後手番一手損角換わりにしたいので、ここは角道を開けます。または、居飛車であることをこの段階では内緒にしておきます。
(振り飛車)先手の方は居飛車ですね。私は振り飛車なので8筋の歩は突きません。角道を開けます。

第3手76歩について。
(居飛車)居飛車としても一般的、かつ無難な手である、角道を開ける手でいきます。

第4手44歩について。
(振り飛車)角道を止めて、じっくりと駒組みしたいと思います。

解説(初手から26歩34歩76歩 > 44歩まで進んだ局面の解説)

後手ノーマル振り飛車・またはそう見せかけて後手居飛車
後手は角道を止めていて、飛車を振る可能性がある。後手の囲いは美濃囲いや振り飛車穴熊などが考えられる。
または振り飛車と見せかけて、居飛車にする可能性もある(いわゆる無理矢理矢倉)。
同形もご覧ください。

リンク集(この序盤に関する、目指せ初段の動画、googleの棋書立ち読みなどの将棋情報です。)
目指せ 初段 第17回
Google book 完全版 対振り飛車左美濃戦法(著者: 中座真)
Google book 現代後手四間飛車のすべて(著者: 井出隼平)
Google book 耀龍四間飛車 美濃囲いから王様を一路ずらしてみたらビックリするほど勝てる陣形ができた(著者: 大橋貴洸)
Google book すぐ勝てる!矢倉崩し 第1章第1節ウソ矢倉の攻防(著者: 中川大輔)



戻る