将棋 初手から4手まで分析

  盤反転   拡大縮小






9 8 7 6 5 4 3 2 1





             
   
             
                 
             
   
             
図は26歩34歩76歩 > 84歩までの局面。

解説(指した人が居飛車なのか振り飛車なのかに分けて1手ごとに解説します。)

初手26歩について。
(居飛車)私は居飛車なので、飛車先の歩を突きます。居飛車を宣言します。

第2手34歩について。
(居飛車)先手の方は居飛車ですね。横歩取り(横歩取らせ)、または、後手番一手損角換わりにしたいので、ここは角道を開けます。または、居飛車であることをこの段階では内緒にしておきます。
(振り飛車)先手の方は居飛車ですね。私は振り飛車なので8筋の歩は突きません。角道を開けます。

第3手76歩について。
(居飛車)居飛車としても一般的、かつ無難な手である、角道を開ける手でいきます。

第4手84歩について。
(居飛車)実は私も居飛車です。飛車先の歩を突きます。

解説(初手から26歩34歩76歩 > 84歩まで進んだ局面の解説)

同形をご参照ください。

リンク集(この序盤に関する、目指せ初段の動画などの将棋情報です。)
目指せ 初段 第44回
目指せ 初段 第20回



戻る