将棋 初手から4手まで分析

  盤反転   拡大縮小






9 8 7 6 5 4 3 2 1





             
 
               
                 
             
   
             
図は26歩84歩 > 76歩までの局面。

解説(指した人が居飛車なのか振り飛車なのかに分けて1手ごとに解説します。)

初手26歩について。
(居飛車)私は居飛車なので、飛車先の歩を突きます。居飛車を宣言します。

第2手84歩について。
(居飛車)先手の方は居飛車ですね。私も居飛車ですので飛車先の歩を突き、居飛車を宣言します。相掛かりになる展開が考えられます。

第3手76歩について。
(居飛車)相手の方は居飛車だったんですね。ここは相掛かりにこだわらず、幅の広い手である、角道を開ける手にします。

次の1手を以下から選んでください。

85歩 32金 34歩 





戻る