ピアノのファイル配布中です(2017/06/25)。配布中です
    15mb     8vb     loco     8va     15ma        

C
D
E
F
G
A
B
C
D
E
F
G

F
G
A
B
C
D
E
F
G
A
B

使用法
39鍵盤のキーボードです。皆様が文字を打つ際に使用されているPCのキーボード(以下PCキーボード)を使用します。マウス、タッチでも可能です。
いわゆる「中央のハ」という音はPCキーボードの「Q」を押すと鳴ります(音源によってオクターブずらしている場合があります)。
画面では上段の一番左の白鍵です。
PCキーボードの主要な部分は通常は4段になっていて、
その部分を使用します。一般的なPCキーボードは、上部から
「1」,「2」,「3」,「4」,「5」,…と横に並んでいます。これが画面上段の黒鍵に相当します。但し「1」は黒鍵の無い場所なので使いません。
「Q」,「W」,「E」,「R」,「T」,…と横に並んでいます。これが画面上段の白鍵に相当します。試しに「QWERTY」と押してみてください。
「A」,「S」,「D」,「F」,「G」,…と横に並んでいます。これが画面下段の黒鍵に相当します。但し「A」は黒鍵の無い場所なので使いません。
「Z」,「X」,「C」,「V」,「B」,…と横に並んでいます。これが画面下段の白鍵に相当します。画面の上段の鍵盤が高音部、下段の鍵盤が低音部になっています。下段の右端が、上段の左端と隣り合わせになります。日本語のPCキーボードでの使用を想定しています。
和音についてですが、同時に鳴るように作ってますよ。ですが、PCキーボードのキーマトリックスの仕様により、同時押しが認識されないこともあると思います。同時押しが鳴らない際の苦肉の策としては、PCキーボードで2~4音程度の和音鳴らして、マウスで1音を追加ならできると思います。
左上の「8va」などを押すと、鳴る音をオクターブ分ずらすことができます。これはPCキーボードのテンキーの*と/でも行うことができます。
「arrange」ボタンを押すと、画面上での鍵盤の位置を変えることができます(初期配置を含めて2通り)。
「keytops」ボタンを押すと、白鍵に表示される文字を変えることができます(音名→ノートナンバー→PCキーボードとの対応→なし)。
オルガンもよろしくお願いします。同じ音源を使用した打ち込みの2曲です。→ バッハのプレリュード バッハのインヴェンション ツール→周波数しらべ ハーモニー
履歴等
まれに、ある打鍵で大きい音が出てしまう不具合がありましたことをおわびいたします(2016/09/27)。不具合の改善について調整中です。
「keytops」ボタンを追加しました。押すと白鍵上の表示が4通りで変わります(2017/02/12)。
ピアノ、及び、オルガンの音源を改定し、エレピと、オルガン(クラシカル)を追加しました(2017/03/18)。
テンキーの「/*」での機能を追加しました(2017/04/12)。
トランペットフレンチホルンオーボエクラリネットフルートけんばんハーモニカ を追加しました(2017/07/09)。
フォークギターエレキギター を追加しました(2017/09/16)。1オクターブ低い状態から始まります。
ヴァイオリンチェロ を追加しました(2017/11/11)。
home